北海道最初の一座を再び・・・大雪山【黒岳】      

                                 
  登頂日  14・07・22(火)      天 候      晴れ         百名山登頂順   再登頂    
  標 高   1.984㍍          登山口     層雲峡駅          同行者      原田氏・小林氏
   温 泉   塩別温泉  つるつる湯   500円

   タイム  
- -       備考        
 場所・地点     着      発 -    
 リフト終駅       :  6:20  層雲峡ロープウエイ 
  黒岳石室  8:00  8:30 お花畑を回遊  
  層雲峡  10:00   :  -  
   所要時間     3:40 

今回の北海道登山旅のスケジュール

 
17日  
サロベツ原生花園を見学、フェリーで利尻に渡り北麓野営場テント
       静岡からの原田氏と友達になり、この後行動を共にする事になる

 18日  利尻岳登頂  北麓野営場連続テント

 19日  朝のフェリーで礼文島移動、フェリーターミナルで【ミニうに丼】に舌鼓
、礼文岳登頂
       居酒屋を捜し歩いている男二人が島中の噂に。地の肴で大宴会。久種湖野営場テント

 20日 
 スコトン岬から岬巡り。夕方のフェリーで稚内移動。森林公園野営場

 21日  
宗谷岬・ベニヤ原生花園を見学、層雲峡に移動し層雲峡野営場

 22日  大雪山黒岳登頂  お花畑の中を岩室まで往復。
       原田氏と分れ知床に向かう。途中女満別の道の駅泊

 23日  
網走市内・小清水原生花園見学、知床自然センターで熊スプレー借用。
       道の駅ウトロ


 24日  岩尾別温泉から
羅臼岳登頂、下山すると木下小屋はヒグマ出没で大騒ぎ。
       斜里岳登山口の清里町に移動。道の駅パパスランドさっつる


 25日  清岳荘から
斜里岳登頂。雄阿寒登山口の雌阿寒温泉駐車場
       気力が減退し雄阿寒岳とアポイ岳を放棄して帰ることに決定

 26日
  新日本海フェリーで帰路に着く。

下山してから地元の登山者に聞いたのだが、夕べ泊まった【層雲峡野営場】はヒグマが出るとの事。だから地元の人は行かない

そうで・・・・・しかしこの日は旭川からの若者が魚を焼いてたし、同じくグループで焼肉をやってた人もいた。

たしかに・・・熊が出たら逃げ込むのはトイレぐらいしかないから・・・いやなロケーションではあった。特に私は夜中に必ずトイレ

に起きるので、先に知っておきたかったのが正直な気持ち。

そんな野営場を後にして層雲峡ロープウエイの無料駐車場へ。支度を整えて歩いてロープウエイの駅に向かうと、駅舎の近くで鹿

が遊んでいる。

6時から動いているロープウエイの一番に乗って、更にリフトを乗り継いで7合目のリフト最終駅には7時20分ごろに到着。

この日は比較的眺望が利き、遠く雲海の上に雌阿寒岳や阿寒富士が頭を出していた。

   
ロープウエイ駅舎                    近くで遊ぶ鹿                       


雲海に突き出す雌阿寒岳を倍率を上げて

7月初めでは【ウツギ】が満開で見事だったらしいが、盛期からはだいぶ遅れてしまって枯れ始めた花がちょっと寂しい。変わって

斜面はキンバイが覆い尽くしている。

8合目までが少し長くて、9合目を過ぎて招き岩が見えると頂上はあっという間。リフトの最終駅から山頂までは1時間だ。


   
キンバイ                                           

 
ウツギ                          招き岩

かかとが擦りむけて歩くのが辛い私は、状況によって目的の山を変更することにしていた。当初は北海岳まで歩こうと思っていたが、

黒岳まで1時間登ってみるとかかとが当たって痛い。張っていた絆創膏は黒岳頂上の段階で既に剥がれ、赤剥けの状態だった。

辛い歩きではあるがせめて石室までは行ってみたい気がして、一緒に旅をしているH氏と層雲峡で知り合ったK氏の3人で山頂から

下って行った。

 
 山頂                            エゾツツジのお花畑

エゾツツジの群落、コマクサ、コザクラ、チングルマ、エゾツガザクラ・・・・・大変なお花畑が展開していて、もう言葉もない。

花の百名山【大雪山】の神髄を見た。

一つの目的だった石室も寄ってみた。トイレはバイオ式で使用後ペダルを踏むタイプ。比較的近代的な施設で少し驚く。石を積み

上げた見るからに頑丈な施設はいかにも厳しい北海道の風雪に耐えぬきそうだし、ヒグマが出たらあれだけ確りした作りで無い

と役に立たないかもしれない。

北鎮岳には白鳥の形で雪形が残る雪渓があって、角度によっては長く細い足も確り写って・・・本当に白鳥の形を楽しむ事が

できる。

これだけのお花畑を見る事が出来れば・・・目的は達成した様なもので、これ以上足にダメージを与えないようにしようと考えた。

今回は【日本百名山】の98座・99座登頂を成し遂げるのが最大の目的。足を大事にすることを優先して、みんなと分れて私だけ

下山することとした。

これで利尻から6日間一緒に旅をしたH氏とお別れ。
記念にK氏も含めて3人で写真。

次回は妻との旅行で訪れる予定にしているが、銀泉台から白雲岳を歩くつもりだ。紅葉の時期がいいかもしれない。

  
エゾツツジの群落                     コマクサもピーク                   
   
    
遠く岩室を俯瞰。北鎮岳の白鳥雪渓も見える 

  
コザクラ             チングルマ          コザクラ

     
エゾツガザクラ          白鳥雪渓とお花畑      一面のエゾツガザクラ      

   
コザクラとエゾツツジ                    お花畑                         

 
広大なお花畑                      チングルマの毛と白鳥雪渓

 
多分、北海岳を遠望する                お花畑


左 K氏、  中 H氏、 右 オジサン      リフト



  
アケボノソウ             これも初めての花

  
オトギリソウ             ?          ハクサンチドリ
 
チシマキキョウ(?)                  ?

  
? 初めて見た花        タイセツトリカブト?


  
イワブクロ                         ?                             

  
リンドウの仲間                      ?                          
 
     百名山トップ       トップ