困ったときの谷川岳【トマノ耳1.963b】

 登頂日 2018.09.23 (日)    天 候  晴れ・ガス       百名山登頂順    7番目 (再登頂)   
 標 高  1.977b           登山口  マチガ沢出会い    同行者         単独
  温 泉 なし

タイム  
- - -
    場所・地点      着     発     着      発
 ロープウエイ駐車場    7:15
 マチガ沢出会い    7:45     7:45
 ガレ沢の頭    9:30    9:35
 トマノ耳   10:35   11:00
 ラクダの背     12:00     12:10  - -
 ロープウエイ駐車場     14:00 : 
   所要時間 6:45           


困ったときに選択する山は八の天狗、そして平標、谷川岳。

谷川と言えばほとんど西黒尾根がメインで、マチガ沢を歩いたのは谷川に初めて登った時だけ。

久し振りにマチガ沢を登ってみようとコースを選択した。



ロープウエイの駐車場に車を入れて、ゆっくりと歩き始めた。西黒尾根の取り付きを過ぎて、そのままマチガ沢を目指す。

ゆっくりと30分ほどでマチガ沢の取り付きへ。


屏風のように立ちふさがり圧倒する谷川岳

 
ロープウェイ駅から林道をマチガ沢出会いへ           マチガ沢出会いからいよいよ谷川岳に挑む

多くの登山者の命を奪った谷川岳と言えども、それはあくまでバリエーションルートの話で、我々が歩く一般道は他の山と変わらない。

特段に難しい個所は無くただただ急登で、時間をかけてゆっくり進めば自然とガレ沢の頭に着く。

途中鎖場が一か所、へつりが一か所。途中の見晴らし台からは一ノ倉沢が望める。

この日も一人の登山者が大岩を乗り越えて進んでいた。

 
マチガ沢。中央の岩の先にバリエーションルートを進む登山者   巌剛新道は急登が続く

 
崩落個所。緊迫感は感じないが、切れていて結構ヤバい     続いて鎖場も

2時間弱で西黒尾根と合流する。ここで休憩を取るパーティが多い。

もし西黒尾根を登っていたとすると、この手前に《ラクダのコブ》という岩場があって、5ピッチほどの鎖をよじ登ることになる。

この日は白毛門や笠ケ岳も歓迎してくれていた。

 
西黒尾根との合流点。ガレ沢の頭                白毛門、笠ケ岳方向を望む

さあ・・・ここからは格段の急登に変化する。青息吐息で・・・喘ぎ喘ぎ・・・とくにザンゲ岩までは谷川岳の一般ルート上、最も厳しい。

そのためにロープウエイで天神尾根を利用する登山者が一番多い。

天神尾根の方向に目をやると・・・ありの行列のように登山者が続いている。

この日の山頂の混雑が思いやられる。

谷川岳に挑む場合は、朝早い行動をお勧めする。

 
西黒尾根の急登を進む                      西黒尾根を振り返る


天神平からの登山者はアリの行列のように続く

先ほどまでと打って変わって山頂はガスが巻く。こんな天候が多くて想定の範囲だ。

山頂と小屋の中間の草陰で弁当を開く。

隣に初めて登山に来たというカップル。コンロを出して火を点けようとしているが、圧力で着火するタイプではなく、ライターが必要に

みえるのだが・・・。

そう話しても・・・前にも使かった事があるので間違いなくライターがなくても点く・・・と言い張る。

違うのになー・・・と思っていたら、更に隣にいた若者が『私も同じものを持っているけど、ライターで点けないと点きませんよ!』って

それ見た事か!  素直に聞けば彼女の前で恥をかかずに済んだのに。

 
トマノ耳山頂                             トマノ耳から万太郎方向を望む

 
肩の小屋に溢れる登山者                               ラクダの背からザンゲ岩方向を望む

かえりは西黒尾根を帰ることにして、ラクダのコルで休んでいると足を痛めた同年代のご婦人と旦那さん。

どっちのコースが楽ですか・・・と問われて。まあどっちも同じようだと教えたけど。

そしたら私の後を付いて西黒尾根を下る事に。

鎖場は1か所と教えたのが良くなかった。鎖を1本下るだけと思ったようで、5本も下ることになって少しおかんむりに。

ラクダのコブという1か所という意味だったんだけど、しっかり伝わらなかったようだ。


ラクダの背の最長の鎖

 谷川岳で出会った花

 
ダイモンジソウ


タテヤマリンドウ

 
ウメバチソウ




    百名山トップへ       HPトップへ