リベンジどころか返り討ち・・・大菩薩嶺

 登頂日  2016.05.14     天 候   晴れ時々曇り     百名山登頂順   18番目(再登頂)  
 標 高   2.057b        登山口  丸川峠分岐P      同行者        単独
 温 泉   無し

タイム  
- - -
    場所・地点      着     発     着      発
 丸川分岐 P -   7:50  - -
 長兵衛荘    9:05   9:15
 福ちゃん荘    9:30   9:30
 介山荘(大菩薩峠)   10:15  10:20
 山頂   11:35  11:40
 丸川峠(荘)   12:10  12:20
 丸川分岐 P   13:25
   所要時間 5:35     歩行時間(周回コース)    


前回の登山が2002年だから、既に14年が経過している。その間何度となく計画はしたが・・・未登頂の百名山が

優先されて、延ばし延ばしになっていた。

やどろく仲間との山行だった。やどろくと言えば沢だったが、理由は忘れたが珍しく山に挑んだのだった。

時期は11月、晴れてはいたがガスも巻く寒い日で、稜線の木々にはエビのしっぽが貼りついていた。

そのガスがどうしても気になっていて、是非もう一度訪れて富士山でも見えたら・・・というのが今回の理由だ。

前回は車で長兵衛荘まで入った手抜き登山だったから、今回はどうしても下から登頂したかった。

まだまだ脚力に自信は無かったが、鍛錬の意味もかねての再登頂・・・丸川峠入り口駐車場に車を停めた。

十数台しかないキャパ・・・あと3台ほどで追い出されるところだったが、何とか置く事が出来た。

出発して登山道に入ったが、良く考えるとカメラを忘れたことに気が付き、取りに戻ったせいで10分ほどのロス。

 
千石茶屋は営業中                   丸川分岐から長兵衛荘までの登山道

どれだけ時間がかかるか不安だったが、1時間と少しで長兵衛荘に到着。既に駐車場は一杯で、休憩している

登山者もあふれかえるほど。

前回も冬なのに多くの人がいたが、今回の人数もすごかった。駐車場の整理係が他の駐車場を案内していた。


 
ツツジが咲く登山道                  福ちゃん荘のうどんが思い出される

前回、福ちゃん荘ではうどんを食べたが、これははっきり言って失敗だった。寒い冬の日で・・・暖かいものを

食べたかったのだが、ぬるくて味の無い・・・まあ個人の好みもあるのでこれ以上は控える。


介山荘への道                        


介山荘が見えてくる                    小説の舞台、大菩薩峠


介山荘売店                          介山荘を振り返る

前回は・・・どこでも買い物大好き叔母さんが同行していて、この売店から離れずに困った。




介山荘を望遠で                      親不知の頭を行く登山者


スッキリしない眺望             妙見の頭、岩場は渋滞      西暦2000年を記念して2.000b標

14年も経つとすっかり記憶が飛んでいて、最初の岩場を雷岩と思ってしまったが・・・どうもそれは妙見ノ頭だった

ようで、そのあとほんとの雷岩が現れた。

そこでは多くの登山者が食事中だった。100人以上はいたと思う。


     
前回えびのしっぽが貼りついていた木々   山頂標

そしていよいよ山頂だが・・・全く眺望の無い山頂だ。

山頂標には行列ができていて、証拠写真を写す登山者数珠繋ぎ。



丸川峠への下り                     丸川荘

丸川峠への下りは短いスパンで斜度もそこそこ。何より山梨の森百選とやらに選ばれている森の中を歩くのは

実に気持ちが良い。前回も落ち葉でフカフカの登山道に感動したのが思い出される。

ところが一転して丸川荘から駐車場までの下りには泣かされた。キツイ斜度でシーズン初めの私の筋力では

とても持ちこたえられなかった。林道の取り付きまで下る間に、筋肉はヘロヘロになっていた。

翌日、盲腸炎になるのだが、その時に・・・昨日の下りでの筋肉酷使で腹筋が痛いのだ・・・と思いこんだほど。

危うく病院に行くのが遅れて、破裂寸前であった。

その痛さ・・・どう表現したものか考えてみたが、実際に私が取った行動でお話しすると

   パンツのゴムやパジャマのゴムが痛くて・・・下だけスッポンポンになって横になっていた。

別に大菩薩嶺の下りが悪かったわけではない。


丸川荘から分岐への下りには危険な個所も    やっと林道に降り立つ。厳しく辛い下り