みちのく秋旅情・紅葉狩りも玉川温泉  07晩秋
 
       既に雪が積もっていても不思議ではない時期に玉川温泉に来たのは2度目です。前回は夜通し

     降り積もった雪と凍ってしまった軽油で玉川温泉に閉じ込められてしまいました。あの恐怖が頭をよ

     ぎります。今回も9月の大雨で新鳩の湯と新玉川の間で山抜けがあり、17時以降は通行止めにな

     っています。本当に厳しい自然条件の中にここはあります。ある程度の覚悟がないと来てはいけな

     い場所のようです。
 
      玉川ダム付近はまだまだ紅葉狩りを楽しめるほど梢に葉が残っていました。十分です。これだけの

     彩り・・・十分です。
 
      玉川温泉から岩盤までの通路脇は土石流でもあったのでしょうか、斜面は軒並み削り取られてい

     ました。土嚢を積んで応急処置がなされています。夏に来た方の話では私たちがいつも岩盤浴をや

     っている場所は、水が溜まってしまいまるで湖のようだったそうです。10年近く通っているとどんどん

     環境が変化していると感じることができます。アルカリの露天風呂は湧出がなくなったのか、浴槽か

     らはお湯が抜かれていました。

     
     【新鳩の湯付近】            【玉川ダム対岸を望む】       【大雨で崩れた遊歩道脇】

      2日ほど雨に祟られて予定はかなり狂ってしまいました。それでも前半は三春のやわらぎの湯で岩

    盤浴をこなして来ましたので、納得はできませんが諦めどころ・・・と思います。いつも通り薬師神社鳥

    居前でラジウム浴を中心に進めました。ゴザの上に寝転びながら見上げると季節の移ろいを感じるこ

    とができます。これは屋内で岩盤浴をする三春では味わうことのできない、玉川ならでの楽しみです。

    私たち夫婦はこれが好きなのです。ですからテントの中で岩盤浴をすることはありません。

      あっという間の湯治でした。それというのも【ノロウィルス】とやらのまん延で営業を停止した影響を

     まともに受けてしまったのです。何で私たち夫婦の予約期間にこんなことが起きてしまうのでしょう。

    本当に運が悪い・・・では済まない状態で湯治に取り組んでいる方も大勢いる事実をどう考えているの

    でしょうか。ここ数年で幾度こんな問題を起こしているのでしょう。湯治者とはかなりの温度差があるよ

    うです。

     
     【岩盤をしながら望む彩】     【玉川薬師神社の鳥居もめっきり秋】  【雨に祟られた湯治】

      帰る日もあまり天候には恵まれず、木々の彩りはくっきりと映える事はありませんでした。それでも

    十分でしょう、これだけのロケーションなら・・・。湯治は不満足でしたが、この大自然の中で数日間を

    過ごせたことは満足です。
 
     抱返り渓谷は今がピークと報じていましたが、帰路に要する時間を考えると無理があります。今回は

    諦めました。次回の楽しみに残しておこう・・・と考えていたら、妻は『もうこの時期に玉川は止める』と

    言っています。確かに朝晩の寒さでは岩盤浴がきついものがあります。

            
          【まだまだ楽しめる秋】            【ダム湖と紅葉】          

         
         【少し遅い秋、それでも十分】       【スポットで切り取るとまだいける】

      茶立ての清水直売所で大量の野菜を買い込み、そして【はちみつや】でアイスを食べて・・・一路自

     宅を目指します。レオ君が首を長くして待っているに違いありません。

   
   【十分紅葉狩り】            【茶立ての清水直売所】       【蜂蜜トッピングのアイス】

     旅あれこれ     北海道・東北へ