想像以上の岩場・・・阿弥陀岳
              
  登頂日  12.06.30(土)     天 候  晴れ時々ガス       
  標 高   2.805 b        登山口  美濃戸口             同行者   単独
   温 泉  なし

タイム  
-         往   路         復  路
    場所・地点      着     発     着      発
  美濃戸口登山口    8:15    15:50
  行者小屋    11:05   11:15    14:05     1420
  中岳のコル     12:05   12:20    13:20     13:35
  阿弥陀岳山頂    12:45     12:55
       所要時間 7:35   歩行時間  登り 4:30   下り 2:55

自宅を5時前に出発したが佐久で高速を降り、佐久穂から麦草峠を越えて美濃戸口に到着したのは8時を回っていた。

八ヶ岳を大きく迂回するコースはやはり遠い。途中ロマンチック街道では狐が何度が現れた。まだ冬毛の汚い色をしていた。

前回の記憶では、美濃戸口から美濃戸まで轍のできた道で悪路だった気がして・・・美濃戸口に車を置いて歩き始めた。何台

かの車が追い越して行った。歩いてみると道は意外に整備されていて、パッソでも十分入れそうな道になっていた。

美濃戸の赤岳山荘脇には多くの車が駐車されていた。こちらは一日1.000円、一方私が駐車した美濃戸口は500円。500円得

をしたと自分を慰める。

   
 美濃戸口八ヶ岳山荘  前回もここに駐車      美濃戸赤岳山荘脇の駐車場は満車

南沢にコースを取る。沢の横断は橋が新しくされていた。堰堤の工事が入っていて途中大きく迂回するコースが作られていた。

休み休みゆっくり進むも美濃戸からちょうど2時間で行者小屋に到着。とりあえずバナナだけを腹に入れる。いつものことだが

食べ物がなかなか喉を通ってくれない。小屋の休憩所は空いているテーブルがないほどの登山客がいた。テン場も余裕がない

ほど色とりどりのテントで埋め尽くされていた。

予定通り中岳のコルを目指して登りを開始かする。大同心は相変わらず印象的に聳えていた。

   
 南沢のルート          横岳の大同心とその右手に小同心

キツイ登りだが中岳のコルまではあっという間だ。コルでは多くの登山者が休憩しているのが見える。2か所登山道が

崩落してルートが付け替えられている。この場所だけは下りで注意が必要だ・・・と脳にインプットした。

コースを確認して御小屋尾根を下る事も検討していると、パーティの方で詳しい人がいろいろ情報をくれて・・・結局、同

じコースを戻ると決定する。この方の話では厳しいアップダウンがあるが、コースはきちんと整備されているらしい。


  
 中岳のコルで休憩する登山者が見える        教えてくれたパーティ

急峻な岩場を見上げるとパーティの女性の方が梯子で手間取り少し渋滞が起きていたが、教えてくれたパーティと

一緒の方だとはこの時点で判っていなかった。余計な事を言わずに・・・良かった。何時もなら軽口で非難めいた事を

言っていたはずで・・・。

それにしてもこんな岩場は何年山をやっていても、高所恐怖症の私には好きになれない。


中岳のコルから見上げる阿弥陀への急峻な岩場

コルから前後して登った男性の単独行と山ガールのパーティ。一人の女性は山慣れしていて身軽に岩場をこなしていたが、

他のメンバーはイマイチで進路を開けないので私は【ムッ】としていた。山慣れしている山ガールがそれに気づいたらしく道を

譲ってくれたのだが、私の気持ちはイマイチ晴れないまま。

でも山頂でこの女性と写真を撮ったり撮られたりして意気投合、結局は一緒に中岳のコルまで一緒に。この時やはり男性の

単独行の方も一緒に行動して話があれこれ弾み・・・。

男性の方は『美濃戸まで車で入っているので一緒に下山してお送りしますよ』と言ってくれました。しかしこれだけ汗をかいて

申し訳ないのでお断りさせてもらいました。男性の方は食事が済んでいたようで先に下山開始。

女性パーティとコルで休憩しながらの会話は大盛り上がり。山ガールになったきっかけの山は・・・と聞くと『富士山』

富士山に登っていない私には、できるコメントが見つからず。行者小屋に向かった男性の後を追うように私も下山開始。


途中で知り合った方     赤岳への稜線     途中で会話をし、写真を撮りあったりの女性パーティ


下山を開始して見上げる稜線の展望荘

途中から何故か親指の付け根に違和感が感じられ・・・どうもソックスが良くない感じだ。少し弱る。ところが行者小屋に

到着すると、先ほどの方が休憩していて笑顔で迎えてくれた。

『やっぱり一緒に下山して美濃戸口までお送りします』って、今度はありがたくご厚意を受けさせていただきました。汚れ

た身体なのに申し訳なく感じていたのに、逆に『いろいろ楽しい話ができて良かった』と言っていただいて、改めてお礼

申し上げます。


カラフルな行者小屋のテン場       車で送っていただいた調布の麒麟(仮名)さん

30年ほど昔。そういえば妻と白樺を見に来たことを思い出し、少し寄り道して写真を。帰ったら早速妻に見せよう。


帰りに回り道で寄った八千穂高原の白樺自生地。


阿弥陀岳で見た

カタバミ               キバナスミレ         コイワカガミ


クロユリのつぼみ              ミヤマダイコンソウ
  
  登山あれこれ     花百トップ