ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

夫婦二人だけに

リタイヤ生活

昨日、法要が終わった後、夕方から娘は遊びに出ました。

友達夫婦とその子供たちで、食事に行ったようです。

私たち夫婦は昼に法要の食事を食べすぎたので、夕食はカットしました。

結局、夜中にお腹が空いて、もちを焼いて醤油を付けて食べました。

時間に確り食べればいいものを、かえって不健康な食事になってしまいました。

今朝、福井の親友が送ってくれたカニで、ご飯をしっかり食べた娘は昼の新幹線で仙台に戻っていきました。

そして2時過ぎには家に着いたとの連絡があって・・・仙台は近いですね。

物理的には近いですけど・・・夫婦二人だけに戻ると、精神的にはかなり遠く感じます。

また夫婦二人で、たまに喧嘩しながら暮らすことになります。

今、息子が隣で丸くなって寝てますけど、夫婦の間の潤滑油になってくれています。

この子がいなかったら、年寄夫婦二人の生活は・・・寂しいでしょうね!

トリマーさんのところへ行っている、僅か3時間ほどでも寂しいですからね。

息子がいると遊びに出かけたい時などは足かせになって辛いのですが、日々の癒され感とを秤にかけたら・・・いない事は考えられません。

余りに甘やかし過ぎで、女房に何時も怒られるんですが・・・目の中に入れても痛くない。

娘を送って行って戻った後は、一日家の中に入ます。花粉が酷くて、外に出られないのです。

この時季が過ぎるまで・・・山は無理です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました