ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

百名山・中央ア、八ヶ岳

百名山・中央ア、八ヶ岳

蓼科山の続き

相変わらず訪問者が減少し続けるブログですが、やっていて・・・うれしい・・・と感じさせてくれる出来事がたまにあります。kawaneさんと言って、夏にエアコンのドレンに虫が入らないアイテムを教えてくれた方の一人なんですが・・・。学生時代に蓼科山などを縦走して・・・50年も前のことらしいのですが・・・懐かしい思い出をありがとう・・・とのコメント。いやいや・・・こちらが元気をもらってありがとう・・・ですよ。八ヶ岳はいろんなコースを歩いている、だから知っている・・・と自信を持って言えます。ご承知の通り蓼科山は八ヶ岳連峰でありながら、個別に百名山に数えられる山。八ヶ岳と言えば赤岳が百名山ですから、蓼科山は...
0
百名山・中央ア、八ヶ岳

3度目の蓼科山

朝4時に起きて蓼科山へ。明日の天候次第では、3日間は連続して登りたいと山をピックアップしてました。女神茶屋(スズラン峠)からは初めての挑戦。一般的には7合目からの登山ですが、スズラン峠からはその3倍以上の急登。足に効いたのはもちろんですけど、それ以上に難敵だったのが【寒さ】でした。前夜、霜が降りたらしく、岩に張り付いた霜が滑る滑る。スズラン峠へ下るのはちょっと怖いので、他のルートを下山。そして風が冷たくて、最初から防寒で雨具を着て上りました。しかしグローブは冬用ではなく、ストックを持つ手が悴んで・・・神経痛が出て痛んでます。写真は霜柱です。冷え込んだ天候は空気も澄んで、視界は良好。写真は左の山...
1
百名山・中央ア、八ヶ岳

山行記録をアップ

午前中から山行記録の作成を始め、午後は妻と娘がコストコに行っている間もぶっ通し。ずっとパソコンに向かい続けて、やっつけ仕事ではあるものの一日で八ヶ岳・常念岳・苗場山・巻機山と4座の記録を作成してアップしました。山に興味のある方は・・・ご覧いただけたら嬉しいのですが。まあ、いつも変化に乏しくて語彙力もない文章ですが、何か一つだけでも参考になればとアップしています。究極的には個人的な日記のようなものですから、整理しておく意味程度のものでもあります。山の記録はそれでもまだ早くアップしているのですが、旅行関連の記録は溜まる一方で先が見えません。何時かは終わるのでしょうか。本人も解りません。今日、息子が...
0
百名山・中央ア、八ヶ岳

八ヶ岳縦走 Ⅱ

結果として赤岳天望荘泊まりにしたことは正解でした。翌日になって解りましたが・・・この時季ならまだ明るい19時までに下山できるだろう・・・という考えは間違いて出した。とてもの事にそんなレベルではなく、赤岳への上り下り、阿弥陀岳への登りと御小屋尾根の下りは間違いなくヘトヘトで事故に見舞われていたでしょう。阿弥陀からの下りは、ヘトヘトの状態で挑めるようなコースでは無かったのです。元気な翌日でさえ、諦めて何時ものコースを下ったのですから。さて天望荘、2時過ぎに到着したものの、混雑では眠れない心配。前日も寝ていなかったので、個室を交渉すると運よく空いていてゲット。安心して一杯を始めました。そこで翌日一緒...
0
百名山・中央ア、八ヶ岳

赤岳からの下り

この写真は天狗尾根からの縦走者ですが、赤岳もこんな感じなので参考にアップします。なにせカメラがなくて・・・タブレットの画像は何枚も写せませんでしたから!登山者が見えますか?もう一枚
0
百名山・中央ア、八ヶ岳

大同心

赤岳鉱泉から大同心を仰ぎ見ると・・・。
0
百名山・中央ア、八ヶ岳

八ヶ岳縦走

自分の現在の脚力を知るための山行でもあるので、調子が良ければ硫黄岳~阿弥陀岳を縦走して御小屋尾根を下山するまで一日でやるつもりでした。比較的に楽な北沢を登ったので、脚力が温存できて横岳までは順調でした。硫黄岳山荘が12時でしたから、7時前まで明るい今の時季なら十分下山出来そう。ところが奥の院からのアップダウンで・・・地蔵の頭では、完全に今日は無理と解りました。赤岳天望荘に泊る事にし、前夜に寝ていなかったので個室を確保。地蔵の頭付近から一緒に歩いていた方と小屋で話し込み、私のホームページのお話をしたり。この方、横浜のOさんと翌日はほとんど一緒の行動でした。そしてもう一人・・・若者と言うか青年と言...
0
百名山・中央ア、八ヶ岳

コマクサ

硫黄岳周辺のコマクサの群生地と白いコマクサ
0
百名山・中央ア、八ヶ岳

八ヶ岳で燃え尽き

まず最初に・・・今回の山旅はカメラのバッテリーを家に忘れて出て、カメラがない。さてどうしようか?  たまたまアイパッドを持って行っていたので、重いアイパッドを担いで登りました。それは鍛錬にもなって良かったのですが、写したいときにはザックをおろして・・・取り出して・・・また仕舞って・・・ザックを担ぐ。面倒この上ないので、本当に写したいときか、もしくは休憩したついで・・・にしか写してません。何よりカメラのSDからはパソコンに簡単に取り込めますが、アイパッド内の画像をSDに落とせません。だから・・・今困ってます。写真のアップと文章のアップが別々と承知してください。さて今回の山旅について少しふれます。...
2
百名山・中央ア、八ヶ岳

雲海の富士山

赤岳天望荘からの富士
0
タイトルとURLをコピーしました