ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

旅あれこれ 関東27【秩父往還【贄川宿】】

秋の縁側展【埼玉・秩父荒川贄川】

2008/11/09

 全く真冬のように寒い日でした。確かに立冬は過ぎたのですがその変化はあまりにも急激で、お陰で中山道歩きは躊躇してしまいました。信濃路まで出かけてから《寒くて断念》という訳には行きません。

 テレビのニュースで秩父往還・贄川宿の第19回縁側展を報じていたのを、またしても妻が見つけてしまったので寒さ対策をして出かけました。

 本当は信濃路で確認するはずだった新しいウオーキングシューズの履き心地、是非にも次に出かけるまでに知っておく必要がありました。中山道を歩いていて靴擦れ・・・という訳にはいかないから、どこでもいいから歩いておきたかったのです。

 贄川には10時半に着きましたが既に下の駐車場はいっぱいで、周り道をした遠く(?)へと誘導されてしまいました。宿場を抜け小学校の校庭が駐車場だったのですが、かえって近いのではと思える場所でした。

 よくよく考えるとこの集落の中を何度が通っていましたが、街道の宿場だとは全く気がついていませんでした。

 ここで二人は目的の靴に履き替えて宿場に下りていきましたが、距離はほんの数分歩くだけでした。街道に沿って30軒ほどの集落の家並みが続き、それぞれのお宅の縁側には文字通り絵などが展示され、まさしく縁側展でした。絵・写真・書・小間物そして食べ物や民芸品等々。今日は昼を用意していませんでしたので、古代米の赤飯とおやきを買い求めました。これは合格点を与えられる味・・・しかし美味しいと思って食べたのですが、流石に赤飯と粉モノでは胃もたれが夕方まで続いてしまいました。

 この後の客の出は写真の通りが人で埋まる程で、私達は到着した時間が良かったようです。駐車場に戻った時には駐車場が満車の状態で、少し待って駐車しなければなりません。それでも昨年よりは人出が少ないそうです。郷土を理解するいい機会となりました。

 来週こそ中山道を歩こうと妻と話し合っています。

警察からも警備が出るほど
飾りつけられた縁側
窓格子も利用される
販売もある
懐かしい風物詩
宿場の雰囲気
今回のパンプの表紙絵原画
絵手紙もやってみたい芸術表現
タイトルとURLをコピーしました