ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

キノコ採り Ⅱ

キノコ・山菜

昨日は急な紅葉狩りが入り【キノコ採り】の続報がアップできませんでした。初めての企画としてはまあまあ満足の行く結果です。収穫したのはこんな感じです。
写真は鍋に入れられる直前の状態です。

鉄人氏の別宅が佐野にあり、ここに収穫したキノコを持ち込んで、みんなでワイワイやる計画があったのです。到着すると【鉄人さんと山の神様ご夫妻】は、既に自宅で採った栗を使っての栗御飯を炊き我々を待っていました。

ここにはかつてのガレージを利用した工作小屋があり、そこに薪ストーブが据え付けられています。このストーブが煮炊きには当然のこと、団欒に大きな役割を果たしています。この日も当然ながらストーブを囲んでの時間が流れて行きましたし、上ではキノコ汁がコトコトと炊き上がって行きました。

今年は暑い日が多くこの日もストーブは少し暑過ぎましたが、例年なら揺らぐ炎が優しいまどろみを与えてくれるのです。この日も遠赤外線の光と熱は心の中から暖めてくれました。

キノコ汁が出来上がるといよいよ鉄人氏が拘る【七輪で焼く秋刀魚】が登場です。少し焦げ加減が強いのですが、逆に言うと内蔵も食べられるほど確り焼けていますから、遠赤外線で焼く秋刀魚は堪えられません。都会では七輪で焼いて煙が隣近所に流れていったら苦情が来る事でしょう。でもここなら安心です。堂々と昔ながらに焼けるのです。
実際にはもっとモウモウと煙が上がっていますが、写真には写っていません。

自分たちで採ってきたキノコの鍋、鉄人氏宅で採れた栗の炊き込みご飯、七輪で豪快に焼いた秋刀魚、いずれも秋の味覚の主役達がすべて一同に会してのパーティ・・・団欒は4時間も続きました。気の置けない仲間達との秋の夕暮れは、ちょっと気力の萎えたリタイヤ生活者に明日からの活力を与えてくれたのでした。みんなありがとうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました