ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

悲しい天体ショー

雑感

〇〇流星群などが続いて【夜空はロマンチック】だったのですが、今日の隕石は驚きでした。日本でなくて良かった。

それにしても被害が少なくて何よりでした。隕石の大きさは10㍍程とか。一難去って安心・・・そしたらもう一つ地球に迫っているというから驚きです。それが何と・・・直径が40㍍。

ぶつかったら地球の軌道が変わるかもしれません。それほどの大きさは・・・怖い。幸い今回は衝突する事は無いそうで、胸を撫で下ろしました。

思いついたのですが・・・この隕石は軌道まで確りとらえられているのに、今日の隕石は存在さえ知られていませんでした。最近、みんな惰性で仕事していませんかね?

冬の夜空に輝く星座・・・そんな天体に胸をおどらせるのは大歓迎ですが、どこぞの国のミサイルが飛び交い、微粒子の物質が気流で運ばれ、大隕石が地球をかすめる夜空は・・・背筋が寒くなります。

どこぞの国のミサイルが、宇宙空間で隕石を打ち砕いてくれるのなら大歓迎です。映画の世界でしたね、こんな話は・・・。現実は隕石よりも確りと、日本に方向を定めています。

【安全】な放射能を拡散させた日本人が・・・どんな事をされても偉そうに言えないところが辛くありませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました