ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

カレンダー探し

リタイヤ生活

最近思いついたことに、カレンダーの絵を切り取って少し立派な額に入れたら・・・と。

そのために平山郁夫と東山魁夷、そして奥村土牛や若手の人気急上昇画家野地美紀子のカレンダーを探しています。

もちろん本物の絵は買えませんから、こんな策を思いついたんです。

先の二人は売り物があったとしても5.000万円以上、あとの二人でも数百万円から。

とても一般人では手が届かない価格で、宝くじが当たったら絶対買ってやる! と夢見てるんです。

そして今日野地美紀子さんの絵が入っているカレンダーを見つけました。

探せばあるもんです。

その絵は私が前々から気に入っている【夜桜のバックに月が浮かんでいる】彼女の人気作品。

そうでなければ当然カレンダーに載りません。

さすがに東山魁夷と平山郁夫は・・・見つかりません。

もう亡くなられていて、作品の版権は画商たちが持っていて、また美術館等が所蔵していても、どちらにしても権利問題が面倒

ですから生きている人の絵がどうしてもカレンダーになりやすいんです。

もしお金に余裕があって絵を所蔵できる人は、カレンダーに絵のコピーが使用されている画家のものをお勧めします。

将来、大化けして立派な利殖・投資になります。

一方、観て楽しむだけで満足だと言うなら、カレンダーから切り離して額に入れれば我が家は美術館気分。

やってみたら意外にチャチで、がっかりするかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました