ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

その他の山:群馬-4. 鼻曲山

群馬-4. 鼻曲山

ハナビラタケをゲット

メ モ
登頂日 2010/07/04
天 候 小雨後晴れ
登山口 二度上峠
同行者 単独
温 泉 なし

タイム
場所・地点 往路 (着) 往路 (発) 復路 (着) 復路 (発)
二度上峠 : 11:20
鼻曲山 12:45 12:55
14:15 :
所要時間
3:10

平田影郎

スマホやPCの横幅変化に対応して表示できます!


シーズン初めての山行は、何時も歩行時間の短い山を選択している。今シーズンはここまで一座も登頂していない。ここから徐々にプレッシャーを高めていき、夏本番までにはしっかりとした脚力ができるように山行を重ねていくのだ。

今年は北アの最深部を予定していて・・・半月程でその脚力を作り出さなければならない。結構忙しい・・・お尻に火が付いた。

 浅間隠山の登山口と一緒の二度上峠、何度も来ていたはずだったが最後に来たのが10年前。記憶はすっかり飛んでいて『こんなに遠かったかなーー?』  何度も自信を喪失して停まってしまった。畑に出ていた農家の方に聞いてやっと到着した。

 この山を選んだのは【レンゲショウマ】を見たかったから。確か・・・・この時季だったはずだが、結果としては少し早かったようだ。

二度上峠の最高点に数台停める事が出来る空き地があり、1台だけ車が停まっていた。ポツポツと雨が落ちていたが、ブナやミズナラの林が笠代わりになって・・・小雨程度なら濡れることはない。

峠頂上のPには3~4台停められる
ブナ・ミズナラの中を進む登山道
30分で永妻山、この先急な下り

雨を避けてくれる代わりに、昼なお暗い樹林の中を進む。目は花を追いかけているが、希望のレンゲショウマらしきものは見当たらない。その代り・・・あるものが飛び込んできた。何と・・・どう見ても・・・上から見ても下から見ても・・・ハナビラタケ。

それが堂々と登山道に。誰も採らないでここまで大きくしてくれた。たしかに知識のない人は、キノコは恐いものに映る。

ずいぶん迷ったが、重いので帰路に収穫することにして先に進む。でも・・・この後不安で不安で、落ち着いて歩いていられない。

誰かに採られてしまうのではないか。先に採った方が良かったのか? 戻って採ってこようか?

いいや・・・ここまでに採られずに残っていたのだから大丈夫だろう!   自分との葛藤を繰り返しながら山頂へ。

ハナビラタケを発見、
帰りまであるかなー
カラマツソウが咲いている斜面

山頂の少し手前の展望所からは浅間山が良く見えた。逆に山頂は木々が視野を遮って眺望はあまりよくない。おまけに今日は小雨がパラつく天候で、眺望ばかりかここまでも重い。何よりハナビラタケを採らなかったことが、心をより重くしている。

山頂手前の展望所、山頂よりグッド
山頂の眺望はイマイチ

山頂でおにぎりを食べていても心はハナビラタケが占めている。そそくさと先ほどの場所に戻ると・・・無事に残っていた。思わず舞ってしまうマイタケほどではないが、それでもハナビラタケはやはり価値がある。家に持って帰ってゴミを取り、油で炒めたり、甘辛く煮付けたり・・・。コリコリとした食感は美味しかったなーー。妻にも勧めたがとうとう一箸も付ける事は無かった。

今年はハナから縁起が良いや。レンゲショウマに出会えなかったけど、満足の山行。

カラマツソウ
ウスユキソウの仲間
トリアシショウマ?
二度上峠からの鼻曲山
タイトルとURLをコピーしました