ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

街並み散歩 北海道・東北6【岩手・金ヶ崎】

岩手・金ヶ崎 武家屋敷群

岩手・金ヶ崎【重伝の武家屋敷】
2010.3.21訪

古くは坂上田村麻呂が築き、阿部貞任(あべのさだとう)の叔父・河堰為行の居城であった胆沢城の城下町。

 阿部頼時の女【白糸前】も館としていた。

 源氏の祖であり弓の名手【八幡太郎義家】として知られる源義家も陣を張ったことで知られている。この時代のみちのくについては【炎立つ】の作者、高橋克彦氏の著書が一番鮮明に描がいている。

 伊達藩の時代にも北辺の警護として、奉行職が配置されていた。

 そうした歴史上の重要地点であった金ヶ崎は【重伝地区】に指定され、保存が図られている。

 屋敷としてはそれほど残されていないが、生垣などはまさしく歴史を伝承している。

諏訪小路に残る門
旧家の大屋根
生垣・板塀
生垣
復元保存
タイトルとURLをコピーしました