ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

マッケンジー体操

日常

昨日に引き続き今日も美容室です。同じ姿勢は1時間が限界と感じていましたから、昨日カットだけにして染めるのは今日を予約していたのです。

その間私は洗濯と畑いじりをしていました。5株残っていたジャガイモを掘り返したのですが、数は・・・がっかりです。天候のせいもあったでしょうし、サクランボの木の下でしたから条件も悪い場所でした。先日掘った場所の方が圧倒的に良かったです。先日の写真も6月7日にあります。比べて頂くと・・・同じ株数で前回の3分の2程度しかありません。
さらにガッカリは大きい良い形の玉が4個も、おそらくはナメクジと思われる齧られてた痕がありました。少ない中でショックです。

美容室から戻ると今度は毎月の高血糖関連の治療で病院に行きました。先日の腰椎の痛みでMRIを撮った病院です。
ワザと12時直前に行きました。狙い通りあまり待たずに診療していただきました。ペインクリニックを紹介していただいてから初めての診察でしたから、報告することもありましたしドクターからも色々聞かれました。

痛みは大分落ち着いたので何か体操でも・・・と質問すると、先生からマッケンジー体操という言葉が出てきました。概略はお聞きしたのですが帰ってきてインターネットで調べると、【痛む方向に身体を伸ばす】方法でした。

従来は痛い間は悪化・再発が心配で大事にすることが一般的でしたが、効果は実証されておりアメリカなどではむしろ普通の方法のようです。
この方法は逆療法に近いものがあり心配ですが、医学的に難しい話も一緒に書いてありそれに拠ると大丈夫なようです。腰椎を逆に延ばしても○○管は狭まらない・・・とのことですから、恐る恐るやってみようと思います。

もともと腰椎に負担をかける姿勢や体力が問題なのですから、それを解消しない限り痛みから解放されることは無いでしょう。腹筋・背筋などを鍛えて腰椎の負担を軽減しなければなりません。2ヶ月ぐらいで改善が見られるようですから、頑張って一緒に続けてみます。

ただし痛みが強くなるようだったら【中止するように】と書いてありましたので、考えている皆さん注意しながらやりましょう。何せ日本人の持病と言われているそうですから、これをお読みの方の中にもいらっしゃるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました