ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

温かな陽気に

日常

この時期ならではの穏やかな日でしたから、妻と息子レオ君と三人で歩いてパンを買いに行って来ました。私も妻もパンが大好きで旅先などでは必ず新しい先に飛び込みますし、那須や清里などの激戦区ではほとんどのお店の味見をしています。

テレビチャンピオンで優勝したりするパン屋さんも確かに美味しいのですが、私の地元でもこうしたお店と甲乙着けがたいパン屋があります。月曜に2斤買うと水曜に生協から届くものを併せて3斤になりますが、これを一週間の朝食で食べるのです。

月曜は必ずと言うほどそのお店でパンを買うのがパターン化しています。歩いて15分ぐらいなのですが、縄張りを広げる息子があっちにひっかけこっちにひっかけしながら歩くペースでも、今日の陽気では薄っすらと肌着に汗がにじんでいました。

今日はどのみちプールの施設が休館日でしたが、違ったとしても肋骨が折れているかもしれない妻はプールは無理でした。当然【濡れ落ち葉】の私は一人で出かけるつもりはありませんでした。となるとやることもありませんから【韓流ドラマ】を午後からずっと見ています。

テレビの報道では彼方此方の紅葉が取り上げられていますが、今年はそれも無理になりました。まったく最高の時季にアクシデントが起きました。パン屋まで歩くだけで肋骨に響いて痛むらしいのです。静かに歩いてもこんな状態ですから・・・私は折れていると思うのですが・・・ドクターは折れて無さそうとの診断です。

腰椎などの圧迫骨折や亀裂骨折などは、見落とされたと言う話を良く聞きます。そうではなく本当に折れていないのなら、神様に特別なお供え物をするつもりです。1週間痛みが取れなかったら整形外科を受診します。

寒い冬が来る前に行って見たいところ、やっておかなければならないこと、あれこれ考える事ばっかりですが、幾つもハードルが出てきて進めません。まあ~~こんな年もあるさ。

コメント

  1. 水と油の融合について、、、お答えします。
    本来、水と油は反発し合うもので、やたら一緒にすると良くない場合があるものですよ、ねぇ元先生。
    まあ、それは置いといて・・・
    水と油を合わせることを”乳化化する”といいます。
    化粧水やクリーム、牛乳などがそれです。
    化粧水などは、透明の水溶液に見えても微量な有効成分の油や香料(これも油です)が含まれています。
    この場合ほとんどが、エタノール(アルコール)に頼っていると思います。
    エタノールは水にも油にも溶ける性質があるため、上手く乳化の手助けをしてくれます。
    これは人間の場合も同じ事が言えますね、お酒を飲んで意気投合・・・これも置いといて・・・
    エタノールは薬局で購入できます。
    エタノールは肌に浸透作用もありますが、多すぎると肌荒れの原因になりますので、数滴加えて激しく浸透、静置、分離したら更に数滴加えて同様に繰り返してみてください。ホホバオイルと水が分離しなくなる最小量を探してみてくださいね。当然オイルが多ければエタノールの量も増えます。あまりオイルが多いとエタノールでは無理な場合があります。その場合は界面活性剤や増粘剤が必要になります。
    また、ホホバオイルはアロマテラピーの原料を扱っているお店ならば、何処でも購入可能です。金額もピンキリですよ。
    では、次回温泉楽しみにしています。
    油の腹黒さんも一緒に行きましょうね。
    水の白衣の女神より

タイトルとURLをコピーしました