ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

8人に1人

リタイヤ生活

昨日景気回復についてコメントしました。今日今回のエコポイントが景気に及ぼした影響について放送していました。なんと薄型のLEDテレビは1.600万台が売れたそうです。赤ちゃんまで計算に入れて8人に1人が買った計算になるそうです。

とすると一世帯3人家族と単純に考えると3世帯に一軒が買った計算です。もちろん2台目のテレビのお宅もあるでしょうし、既に買い換えていたお宅もあるでしょう・・・モロモロの細かい事をのぞいて考えると4世帯に3世帯はテレビを買い換えているのではないでしょうか。我が家の後ろ側が厚いブラウン管テレビは博物館モノになりつつあります。

それにしても日本の世帯数の4分の一側の仲間に入ってしまったようで、少し焦るべきでしょうか?
はっきり言ってバラエティ全盛の番組編成では、テレビの魅力もあまり感じません。唯一景気回復に貢献していない事だけが気がかりですけど。

この家電需要の好調はエコポイントの影響も大きいのですが、地デジ化が後押ししている事は間違いありません。そんな中寂しいニュースもありました。ある大手メーカーが月産5万台の増産をしたそうですが・・・企業体質に呆れました。何と【期間従業員を50人増やした】だけ・・・期間従業員を・・・50人だけ・・・。もちろん報道されていないもっとひどいメーカーもあるはずです。

大手企業が全く努力していないですね・・・リスクを背負う気概がありません。若者に働く生きがいと安定した生活を与えてこそ、企業の存在意義があります。
個人的にですがこんな企業の商品はやっぱり買わないことにします。

昨日、何でパソコン売り場に店員がいなかったかわかりました。パソコンにはエコポイントが無く11月いっぱいに拘る事が無いからですね、きっと。
やっぱり正月のお年玉商戦の目玉を狙って、初売りの日に限定5台ってやつを狙います。
景気回復は誰か他の皆さんにお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました