ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

竹久夢二版画展

リタイヤ生活

新しい年になって初めて都会に出かけました。

オミクロン株がパンデミックになる寸前だと思うので、今しかないとの判断。

在宅ワークが進んでいるのか、私が乗った電車が通勤時間帯ではないからなのか・・・空いてます。

デルタ株は空いていればそれほど心配なかったのですが、果たしてオミクロンはどうなんでしょう。

徹底してアルコール消毒と次亜水の散布、マスクは二重です。

戻って家に入るときは頭から・・・着ていた衣服まで、徹底して次亜水を噴霧します。

手指もアルコール消毒するまでは、顔に触れたりは絶対にしませんから・・・。

用事が済むと1時でしたが、もう一つ目的があって・・・デパートの画廊での竹久夢二版画展。

表から混雑具合を確認すると、客は一人もいませんでした。

それは良かったのですが・・・展示されていたのはほとんどが【復刻版】。

版権を持っている出版社や画廊が、遺族などの了承を得て発行したもので、ほとんどコピーに近いもので芸術的価値はあまりない・・・私の私見。

逆にオリジナルに忠実だと言う意見もありますが・・・。

それだったら先日の私のように、カレンダーを切り抜いて額に入れても・・・楽しめます。

復刻版はデジタル技術の賜物で、昔のように画家本人彫ったり、彫り師が彫ったり、摺師が刷ったりしたものではありません。

何より心配なのは【AP】と表示して何枚でも作成できること。

実際に何枚作られているか判断できないので、資産価値はゼロに等しい。

だから飾って楽しむと割り切れることが必要です。

APとはそもそもアーチスト自身が保管する分や、お世話になった方へのお礼として10枚程度刷られるものです。

版画と言えば枠外に300分の何番というような表示に思い当たるでしょう。

これは製作された枚数を意味していて、この作品はそのうちの何番目・・・と言う意味です。

その300枚以外に製作されるものです。

が、今は枚数を分からなくするために、APやEPという表示が利用されています。

今日の展示は【復刻版】と表示してあり・・・また復刻版で何枚作って何枚目だ・・・と表示してありました。

さすがデパートに出入りする画廊で信頼できます。

50点ぐらい展示されている中で、オリジナルの版画も数枚ありましたけど。

復刻版が数万円なのに対して、オリジナルは150万とか・・・途方もない価格です。

デパートの画廊って・・・美術館のように入館料がいらなくて・・・お勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました