ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

ウクライナ万歳

雑感

特にウクライナが好きなわけではなく、大国の理不尽な横暴が許せなくて、ウクライナには頑張ってもらいたい。

プーチンは最終的には化学兵器や核兵器も使うでしょうから、欧米は高みの見物をしている状況ではないと思うのです。

ロシアや中国は国際法がどうであれ、平気で非人道的な手段を行使するでしょうからウクライナの被害は甚大でしょう。

それでも屈せずに立ち上がってほしいものです。

それにしてもバイデンの弱腰には呆れます。

こんなことではアメリカを信用する国がなくなっていくでしょうね。

日本も見切りをつけて、自衛手段を構築する時期でしょう。

既に反ロ組織のパルチザンが活動を始めているようですが、西側の支援が本格的なのか疑わしい。

長~い泥沼の時代が来ます。

第二次大戦後大国は消耗戦にすべて敗れています。

アメリカがベトナムに敗れ、ソ連がアフガニスタンに敗れ、中国がベトナムに敗れて逃げ帰りました。

アメリカは親米の南ベトナムを放り出し、ソ連はアフガニスタンのレジスタンスに完全に打ち負かされ、中国はベトナムを焼土化するという非人道的な行為をしながら逃げました。

どれだけハイテク兵器を使おうとも、しょせんは消耗戦にむ巻き込まれるのです。

どうして大国は学ばないのか・・・。

ロシアでは反戦の抗議活動が活発になっています。

プーチンと習近平・・・狂気的な人間に対抗できるのは、なにをするかわからないトランプさんが大統領でいた方が良かった!

ドイツにメルケルさんが居たら!  

岸田さんの代わりは、橋本さんが良かったかも!

いずれにしても今回学んだことは、アメリカは頼りにするに値しない。

これを機会に日本の外交路線と自衛手段を見直すべきだなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました