ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

旅あれこれ 海外13【ソウル 国立民族博物館】

ソウル 国立民族博物館

国立民族博物館【韓国・ソウル】
2016.9.16(金)

旅の最終日、明洞から歩いて明洞聖堂に寄って、更には清渓川を散策して、とうとう国立民族博物館まで歩いた。

世宗大路を進み光化門が見える位置から景福宮の脇をすり抜け、北村(プクチョン)・三清洞(サムチョンドン)を抜け、道に迷いながらも街の雰囲気を楽し見ながら歩く。

なかなか瀟洒な街並みで若い人に受けそう。

個性あふれたお店づくりで、若い観光客にはもっとも人気の高い一帯でもある。

博物館前の道は大渋滞で、秋夕(チュソク・・・日本のお盆)のイベント目当ての観光客が多いようだ。

チュソクの期間は入場料は無料。そしてテントを張った模擬店なども開かれ、日本のおはぎも販売されていた。

がっ販売しているのが日本人では無かったという不思議な現象。問題ありかも・・・本当におはぎなのか?

博物館へは景福宮からも出入りできる。また博物館のシンボルの五重の塔は景福宮から良く見る。

この期間はさまざまなイベントがあり、農楽の演奏もあったが時間を見ると15時から。

残念だが諦める事にした。

各外国語による解説があり、日本語は11時と15時から毎日行われている。

休憩できるカフェやお土産屋さんも中にある。

ゆっくり見学すると3時間~4時間ぐらいの規模。私たちは急ぎ足で見たので、1時間の見学だった。

農楽と言うべきかサムルノリと言うべきか、動画があって楽しめた。またキム・ホンドの絵を見つけた。ドラマからの知識ではあるが・・・懐かしい画家の名前を見つけて嬉しい。

日本語のパンフレットを貰いに行くと、英語やチャイナは確りとした冊子の印刷物だったが、日本語はコピーで作った一枚のヒラヒラ。何かなあ~~そこまで敵対視するかなあ。

日本人観光客が予想以上に多くて、パンフが足りなくなったと思いたい。

それとも日本からの観光客は期待していないのか・・・中国から増えているので!

シンボル五重の塔
済州の石像
秋夕(チュソク)のイベント看板
キム・ホンドの絵を見つける。
博物館に入るような絵を書く画家。ドラマ、風の絵師に登場
タイトルとURLをコピーしました