ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

旅あれこれ 海外24【台北 台北101展望タワー】

台北 台北101展望タワー

台北101展望タワー【台湾・台北】

猫空ロープウエイで動物園駅まで戻り、再び電車に乗って台北101へ。

既にお昼を大きく回って、2時頃になってました。

お昼はお茶をしただけでお腹は超腹ペコ。ちょっと高級そうでしたが、カントン12号と言うお店に。

高級なお店なんて、自分のお金では入ったことが無かったので・・・ちょっと窮屈。

美味しい台湾料理が次から次と出てきて、目で見るよりは満腹でした。

高級料理って何となく量が少なく見えてしまう・・・貧乏人なんですね!

私達夫婦ではこんな高級店には入る事はありませんが、結局院長先生が全部支払ってくれて・・・御馳走になりました。

お昼を大きく回っていたこともあり、そしてツアー客が入れるようなお店でもないようで・・・空いてました。一生の内に数度の経験でした。

高級台湾料理レストラン
12番

とりあえず料理を観てください。

鴨肉?   何だかわからずに食べてます。

エビの春巻き・・・ぷりぷりしていて食感も最高!

このお店には小龍包が無かったので、似たようなものが出てきました。

せいろで蒸したようなお魚。全く癖が無くてこれも美味しい。

このほかにも数種類出てきました。どれだけ高価な料理なのか心配になりますよ!

そしてデザートが3種類ほど出て終わりました。

木の実とお肉
鶏肉
春巻き風
焼売風
蒸した感じの魚
デザート?
デザート
デザート

さて・・・いよいよこの日のメイン・・・101展望台へ。

展望台へのエレベータは5階から。カウンターがあってそこでチケットを購入します。

4階で食事していたので、そのまますぐに上がれるかと思うとダメなんです。

展望エレベータへは1階の広いロビーにあるエスカレーターで上がっていきます。

折角4階にいたのに一旦1階まで戻りました。ちょっと下調べが足りなかったです。

実は1回に小龍包で有名なお店があって、ここでお昼と考えていたのですが、何と70分待ち。

そこで空いていた4階の台湾料理店に入ったのでした。

このお店、帰りには90分待ちになってました。

世界は10連休と関係ないのに・・・物凄い観光客の数です。

チケットのカウンターに行くと、すでに院長先生が待っていて・・・。

写真は5階へのエスカレーターです。

5回展望タワーエレベータ受付階へ

訳が解らないうちに女性スタッフに先導されて、多くの人が並んでいるのを横目に見てトップでエレベータへ。ファストパスというプライオリティチケットだったのです。

通常の2.5倍の料金だそうです・・・がっ、これも院長先生が出してくれました。

調べたら普通チケットが500元のところ、ファストパスは1.200元。

ファーストパスチケット
パンフレットと記念絵葉書

5階から地上382㍍にある89階の展望台まで、分速1.010㍍、89階まで所要時間は40秒弱。

これだけのスピードでもほとんど気持ち悪くなりません。人間の感覚、ギリギリのところなんでしょう。

エレベータに現在位置が示されます。

乗っているエレベータの現在位置を示す掲示板

2004年の段階で世界一の高層建築に認定されていて、何と508㍍。

あいにくの雨模様でしたが、300メートル下を望むことができてラッキー!

360度の眺望を2周楽しんで・・・それぞれ記念にお土産を買って。

帰りもスタップにエスコートされて・・・トップでエレベータへ。

もう少しいたい雰囲気もありましたが、スタッフがせっかちに案内するので、そのペースに乗っちゃいました。

下りのエレベータへは1階下の88階から。これがお土産屋さんの中をぐるぐる回らないと下へは行けないのです。

高級宝飾店がありましたが、金持ちの中国人が相手なんでしょう。

買えない日本人は、肩身を狭くしてお店を通り過ぎるのでした。

珍しく顔出しツゥショット
展望タワーの模型で記念写真

あまり可愛くないけど・・・101のキャラクターです。そのまんま・・・なので、もう少し工夫があって良いかも!

戻ってホテルでは、明日日本に帰る院長先生の送別会でした。台北駅近くのデパ地下で買い物をしてみんなでパーティ。

院長と私は・・・ほとんどヘベレケで、何をどうしたのかほとんど記憶に残ってませんでした

捻りのないキャラクター
300㍍下を望む
タイトルとURLをコピーしました