ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

旅あれこれ 関東1【秋の味覚フルコース】

秋の味覚のフルコース【栃木・岩舟】

我がグループの鉄人ご夫妻が所有する佐野の別邸では、時折仲間が集まってパーティが開かれます。下の写真は工作小屋兼駐車場におかれた【薪ストーブ】で、ご夫妻が拘りに拘って買い求めたものです。

赤々と・・・ゆったりと揺らぐ炎に癒されて

 何度かお邪魔していましたがこのストーブを体感できたのは初めてでした。なんとも優しく・・・癒される炎ではありませんか。ただし例年とは違って今年の10月は少し暑すぎました。

 ストーブの上では我々が山で採って来たばかりのキノコが、グツグツと煮えています。

 夕食までの時間は久方ぶりでの会話が盛り上がります。相変わらず【口の減らない】仲間も珍しく参加していましたから、皆お腹を抱えて笑っていました。元先生というハンドルネームの彼は、我がグループの人気を独り占めにしているスターなのです。

左の奥が先生、手前は鉄人夫妻
ムキタケとウスヒラタケのバター炒め

 鉄人氏が七輪で秋刀魚を焼いています。遠赤外線の炎は秋刀魚の内臓まで確り焼いてくれますので、内蔵まで美味しくいただけます。酢橘をかけて・・・彼が庭で採った栗を炊き込んだ栗御飯での夕食が始まりました。

車を運転して家に帰らなければなりませんので、今日は大好きなビールはありません。

 でも仲間との会話と栗御飯と炭で焼いた秋刀魚で十分です。

秋刀魚焼き名人(?)とヨイショ 鉄人
栗御飯と秋刀魚

 忘れていました。当然、ストーブで炊かれたキノコ汁がしめでした。これはもう・・・絶品で言葉がありません。

料理が上手いとか下手とかそういう話ではなく、自分たちで採ってきたモノですから格別なのです。

 先生と私は渓流マン氏の案内でこの日が《初めてのキノコ採り》だったのですが、運良く見事に収穫できました。幸い全員がピンピンしていますので、毒キノコではなかったようです。なんともラッキーでした。

左 ムキタケ・ウスヒラタケ
右 クリタケ
ストーブの上のキノコ汁
絶品のキノコ汁
タイトルとURLをコピーしました