ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

相棒 Ⅲ

リタイヤ生活

月に一度の妻の診察日で病院にいると、相棒から電話が入りました。『今日家にいるなら寄る』と言うのです。診察の順番は一番でしたから、遅くても11時には家に戻れるはずでしたからオーケーの返事をしました。

昼過ぎに相棒はやってきました。そして私が頼んでいたソフトをインストールしようと思っていたらしいのですが、パソコンを変えようと思っていたところでしたからとりあえず保留してもらいました。新しいのを本気で直ぐ買いたいと思っています。

結構、いろんな話をしましたが・・・韓国旅行が急遽煮詰まってきました。このままの雰囲気では実現してしまいそうです。私と妻にとっては始めての海外ですが・・・よく聞いたら相棒も初めてなんだそうです。

何でも知っているのでテッキリ経験者と思っていたのですが、あまり頼りにはならないかも・・・。それでも私と似ていて事前調査などはすごいものがあります。
まるで何度か経験したような話をしますから、うっかり信じる事は出来ません。

この関西人の特性は仲間内では有名で、はなし半分ぐらいに聞いておくほうが身のためなのです。調子の良さは抜群で、いいかげん(良いかげんではない)な人間ですが、これがどうしても憎めない人気者なのです。

北海道へ山登りで遠征する話、スイスへトレッキングに行く話し、そして最後は韓流ドラマの話、延々と付き合ってくれました。女房もいつの間にか話の輪に巻き込まれて・・・結局は妻が韓国旅行に一番積極的でした。最初に言ったように実現性を帯びたのです。

仕事場から直行して来たらしく作業着でしたが、彼の作業着姿を始めてみました。こうやって見ると決していいかげんな男には見えず、りりしい技術者の顔でした。私の気のせいですけど・・・。

ほぼ半年ぶりに元気な姿、明るい笑顔、豊富な話題、ユーモアを振りまいて帰って行きました。やどろくのメンバーの皆さん、先生は元気でしたので報告しておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました