ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

無能な政治家

時事

南相馬市民の方(?)からコメントを頂きました。
私が言っている事と思いは同じようで『原発事故は人災』とおっしゃっています。
間違いなく人災です・・・初期対応に失敗した結果ですから。最初から電源の確保に着手するなど、その時しか出来ない対応のチャンスを見事に失ったのです。

想定以上の津波・・・と出てくる東大系の学者は口を揃えて言っています。ひょっとして東大系の学者が設計したのでしょうか。炉本体はアメリカの某社ですが、プラントは日立が受注したようです。
テレビで見た限りですが、明らかに想定のミスです。防潮堤なんてほとんど無いじゃないですが。それとも津波で壊された後を、私が見ているのでしょうか。あの程度を想定したのならとても・・・権威などと呼べません。ほとんど無防備と言える状態でした。

共産党が国会で追及していたのに、何も改善しなかった当時の自民党政権にも大きな責任があります。しかしやはり改善の機会をことごとく潰してきた、学者、東電、協力会社にはとりわけ大きな責任があります。

コスト削減と甘い汁を引き換えにして、国民の命を脅かしているのではないでしょうね。
みんなで揃って援護射撃をしています。それとも原発関連の政府諮問機関等の、次の委員を狙っているのでしょうか。どうにもハッキリしないコメントばかりです。

私も大プラントで働いていましたが、その経験から言うと事業者は設備を熟知していませんから、当事者能力は全くありません。今回のケースは発注した日立が中心になり、米国の某社の力を借りて対応すべきだったのですが・・・意見を頂いた南相馬市民の方も同意見でした。政府はどういう判断で、何もわかっていない東電と保安院に対応させたのでしょう。

今回の事故が収束する事があったら政府や東電、役立たずの保安院に問いただしたい事は沢山あります。落ち着いて行動してくださいと言い続けた枝野さん・・・家族が遠くに避難している事はありませんよね。

一方今日になっても避難者に援護は届いていません。医療・衣料品・燃料などほとんど8日間も改善されないままです。支援は集まっているのにガソリンと原発で、動脈が閉塞しています。また支援が前線基地まで届いているのに被災地には届きません。
何処で何を求めているかが把握できていないというのです。8日目でもそれを言いますか。

呆れた政府・議員たちです。何をしているのか・・・防災担当大臣は何をしているのか。
命がどんどん失われていきます。僅かに残っていた気力まで奪わないでください。
マスコミの方・・・大臣のうちで誰かあせっている人を見かけましたか?

何時まで・・・毎日同じ話題を届けなければならないのでしょう。民間レベルでは暖かい話が沢山あるのに・・・政治行政は実に許せない輩です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました