ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

経済の活性化

時事

1年前まで勤めていた職場の関係で先輩から声がかかり、大宮で一杯やってきました。こんな時期に・・・とも思ったのですが、このままでは日本中が閉塞感で息が詰まってしまいます。少しでも消費拡大に繋がって、経済を活性化できれば・・・。

確かに苦しんでいる人がいる中で、不謹慎のそしりを免れないかもしれません。しかし、このまま沈んだままでいても、日本の復興には一つも役に立ちません。

考えてみると・・・スーパーに行くと節電で真っ暗、電車は間引き運転、さらにこの震災で職場を失うなど、私の周りの事象は暗ーいものばかり。
日本がどんどん失速して行くのは火を見るより明らかです。

ですから・・・可能な方は・・・余裕のある人は・・・既に予定が決まっていた方は・・・残りの人生が僅かでお金を沢山残しても仕方の無い人は・・・どんどん消費する事に力を注いでください。特に西日本の方は・・・その責任がある・・・気がします。

東日本は立ち上がれるまでにもう少し時間がかかります。その間西日本の方が日本の経済を支えて廻してほしいのです。西日本が主導権を握る日本は、豊臣秀吉以来ですから実に400年ぶり。

今、東日本の方に『頑張ってください』は禁句です。がんばるどころか懸命に耐えるのが精一杯なのです。今『頑張ってください』は西日本の方への言葉です。
そして沢山の税を納められるように努力してもらいたいのです。

今日一緒にお酒を飲んだ先輩は、明日グランドゴルフの大会を計画していました。しかし中止せずに実施するそうです。大いに賛成です。こんな動きが全国に広がれば、経済ばかりでなくモチベーションまでも含めて浮揚に役立つはずですし、日本が元気になるはずです。

しかし私が言いたいのはプロ野球セリーグのように、元々少ないものを浪費するような傲慢なやり方を薦めているのではありません。むしろパリーグのように社会情勢を確り踏まえた上で、かつ被災者の感情に配慮しながら日本が元気になれる様な事は大いに賛成だと言っているのです。

何処かの新聞社のオーナーさんは自分の意見に従わなかったパリーグに対して捨て台詞を浴びせて消えました。何かみっともなくて・・・まさに老害ですよ、あれ。
最も命を懸けて放射能と戦っているレスキュー隊に、『注水を続けなければ処分する』と言った首相がいる国ですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました