ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

来週は大忙し

リタイヤ生活

ディーラーからあまりに何の連絡もないので『本当に26日から車の修理が入るの?』と確認しました。

そしたら代車も用意してあり、26日は何時でもOK・・・だったら電話の一本も入れてくれればいいのに、気が利かない人が増えました。

そしてダイワハウスからは26日から雨どいの修理に入ると言われていたのに・・・?

今日も足場屋さんが下見に来ましたが、今まで話して置いたことは何も伝わっておらず・・・いい加減な会社です。

最初にハウスメーカー(ダイワ)が来て、その次にダイワと足場屋さんが来て、先週足場屋さんが・・・更に今日足場屋さんが来て。

同じことを4回も話しているんです。と言うのは10年前に足場を組んで外壁と屋根を塗装したのですが、そのあとから雨漏りが始まったのです。

素人なりに考えると・・・原因その1

ベランダに足場を立てたので重量がかかってベランダが沈んだため、防水シートに影響が出た。

原因その2

足場撤去の時、短管パイプや足場板を、ベランダの防水シートの上に落として損傷させた。

原因が特定できず、結局は泣き寝入りで我が家が負担して直したのでしたが200万円でした。

原因はこんなところだと思うのですが、立証できなければ何にもならず・・・悔しい思いをしたのでした。

だから今回はうるさく言ってるんですが・・・下請けの下請けの下請け・・・曾孫請けぐらいが来そうです。話は全く初めて聞く感じです。

何より・・・今日来た人も下見に来ただけで、実際に足場を組む日には来ないと言うから話にならない。

パイプを防水シートの上に落としても損傷させないように、ブルーシートを敷いてその上にコンパネ・・・って口が酸っぱくなりました。

車は仕上がりが31日、雨どいは足場が27日にできてから何日間かかるのか不明。足場撤去が何時になるのやら・・・。

来週は工事に貼りついて監視し続けます。大メーカーに頼んでも、実際に工事をするのは曾孫請け会社。

日本の業態構造・慣習とはいえ・・・万が一事故があっても大メーカーは曾孫請けに負担をしわ寄せするのでしょうからね。

外壁と屋根がチョーキングを起こしているので、数年後に塗装をしなければならないのですが地元の安い工事費でやってくれる会社でも問題ない気がしてきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました