ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

魚をさばく

リタイヤ生活

年間150日もキャンピングカーで山登りの旅を続けている【山男】なのに、ダイビングなどを生業にしていた【海の男】ホロホロ3世。

今朝、電話したら・・・電波の届かないところにいる・・・と繋がりませんでした。夜になってブログを読むと山に登っていたらしい。

実は魚のさばき方と食べ方を聞きたかったんです。繋がらない以上は仕方ない・・・覚悟を決めて自分流でやる事に・・・。

問題は・・・写真でわかるかどうか・・・黒い模様のある細い魚。なんでしょう・・・毒がなければ良いのですが・・・心配でした。

でも釣りに行って持って来てくれた友も、毎週釣りに行っているような男ですから、まさか知らずに危険な魚をくれるはずは無いのです。

今日は旧宅の妻の仕事場に掃除機をかけて綺麗にしたのですが、その後・・・。

魚をさばくのに自信が無かったので、とぼけて『さあ、帰ろうか』と言うと、妻が『あれ、魚はさばかないの?』

確り覚えてました。仕方なく・・・まず出刃の刃を立てて鱗を落とし、小さい魚はイワナを処理する要領で内臓を取りました。

イシダイは刺身にしようと思って三枚に。でも・・・そこまですると嫌になって『焼き魚で良いや!』と方針変更。

メバルや黒い縞の魚、小ぶりの真鯛は煮魚に、イシダイとヒラメは焼きました。弟のところへイシダイの半身とメバルなど数匹を届けました。

イシダイの焼いたのも結構身が締まってて美味しかったです。友にメールを入れて『今日、全部食べた。御馳走さん』と送ると『食べてくれてありがとう』と返事でした。

先週は6キロの真鯛が釣れて親戚中に刺身を届けたそうです。今度は我が家にも届けてくれると言うから、楽しみです。

それにしても6キロの真鯛を抱えた写真・・・横綱が優勝した時に掲げるものより大きかったです。

写真では良く見えませんが、左側の小魚はイワナのように腹を裂いて内臓を取ってます。そしてイシダイなどは3枚におろしてます。

午後からは弟の車で妻と姪と4人で隣町のニトリへ。そして食器ケースだけど、ボード風に使いたい棚を買いに行きました。

正式なボードだと安いモノでも5~6万円はしますが、ニトリの食器棚は組み立て家具ですから僅かに数千円。

このレベルまで落として・・・妻の決済がおりました。気が変わらないうちに速攻で買いに
行った訳です。

夕食前に組み立てて早速使用を開始しました。高級感は・・・残念ですが・・・ありません。その代わり壊れても、何回でも買えます。

テレビの下のガラス戸がある・・・いかにも【食器棚】のように見える・・・ボードです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました