ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

高妻山報告

百名山・上信越

朝、ゆっくりジムへ。到着したらもう10時を過ぎてました。

どっちみちたいした運動はできないので、ゆっくりでいいんです。

今日はランニングマシーンを使い、時速4㌔から歩いてみました。

途中で時速5キロにアップし、最終的には6㌔で歩いてみました。

気にはなりますけど、響いたり痛んだりすることはなくなりました。

骨折ではなさそうです。これは少し安心です。しかし・・・。

左ひざは今日も痛くて・・・。

機械を使って屈伸し太腿やふくらはぎの筋トレする・・・のは膝が痛んでできませんでした。

左ひざの左端、お皿の裏側で細い骨があるところなんですけど・・・。

だからグルコサミンの効果が期待できる個所ではなさそうです。そっちの方が困ってます。

さて高妻山ですけど・・・前回13年前のシーズン最終山行でした。

当時は1年に20回以上も山に登っていて、シーズン終わりとなれば相当鍛錬も進んでいたのでしょう。

「これぐらいのアップダウンはどこにもある。それほどきつい山ではない」と書いてありました。

今思うとほんとかなーとも思いますが・・・確かに辛い記憶が無かったですから、本当に辛くなかったのでしょう。

それを今回は辛いと思うのですから、13年も歳をとると身体が変化していると認めざるを得ません。

外国人ファミリーとずっと一緒でした。子供たちは日本の学校ですから、普通に日本語を話し、お父さんは片言の日本語でした。

3人の子供を連れていたのですが、末っ子の5年生の女の子が可愛くて・・・良い家族でした。

最後、弥勒尾根で別れましたが、無事に帰りついたことでしょう。

お父さんはよほど私が気にかかったのか、ずーっと話しかけてくれました。

子供たちは何を聞いてもハキハキと答えてくれて、一緒に歩いていて楽しかったです。

そこで滑って落ちちゃったんですけどね。集中、集中!

ところで私が持ってる妙高・戸隠の山地図ですが、2003年製で弥勒尾根コースが記載されていません。

このコースを選ぶときちょっと不安でした。何時間かかるのかも、方角も何処に出るのかもわからないんですから。

急登ですが落ち葉を踏みしめて、フカフカのクッションの上を歩きます。良いコースでしたよ。
こっちを選んで正解でした。

沢伝いに下っていたら、もっとひどく怪我を重ねたかも?

コメント

タイトルとURLをコピーしました