ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

紙の時代の終焉

リタイヤ生活

ドコモもNTTもTEPCOもセコムも、一斉に紙での通知がなくなって・・・引き落としの金額などを知るためにはメールで通知してもらわないと・・・。

ところがそのメールを開くのにキーワードが必要だったり。

忘れないようにメモするんですが、どこにメモしたか忘れて開けなくて・・・。

いくら引き落とされているのか、わからないまま暮らすのは不安。

そこで銀行に出向いて通帳に印字するのですが・・・近い将来にこの通帳という紙も終わるでしょう。

現在自動車保険なども契約書も約款も送られてきません。その方法だと500円料金が安いのです。

インターネットで契約し、必要な事柄はネットでサイトにアクセスして・・・。

こんな方法ばかりになりました。

今月も二つがそうなりました。サプリメントの山田養蜂場とETCの契約をしているジャックスも。

紙での通知を選択すると80円の料金が加算されるとか。

ですから紙でいらないと、これから手続きをします。

見回してみると・・・紙で届くのは役所関係だけになりました。

手にもって・・・目で見て・・・確認しないと安心できない世代にとっては、辛い時代です。

選挙も電子投票で投票用紙がなくなるのもすぐでしょう。

性格上、手間がかかっても様々な書類をきれいにファイリングしていますから、その作業がなくなるだけでボケるのが数年早まるかもしれません。

メールで知らせてもらうのは結構ですけど、すぐに開くことができるようにしてほしいのですが。

キーワード一覧表を作って、パソコンの脇に紙で貼っておきましょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました