ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

パジュランおじさん

リタイヤ生活

朝の運動以外はほとんど外に出ないという生活が、週の内5日はあります。

買い物が週一、そして忘れた買い物や何かの用事などでさらに週一。

週の2日は出かけているかもしれません。

今日も外気温と室内温度が10度以上も違うような、エアコン生活。

体にいいわけがなくて、治りかけていた妻のヘルニアが再燃しそうで心配です。

ベッドで横になってました。

一人でやることもなく・・・結局はDVDで映画を見るのですが。

一つご紹介します。インドの映画。

インドの映画と言えば・・・ストーリーとは全く関係なく、100パーセントの作品に歌って踊るシーンが出てきます。

これが入っていない映画は【ダメな作品】との評価になります。

このシーンはどの作品を見ても、監督も出演者も力が入っているのが分かります。

お国柄が良く表れています。

さて表題の映画ですが・・・久しぶりに素直に感動する映画でした。

韓流みたいにあれこれひねった作品ではなくて、みていて疲れません。

インドとパキスタンといえば、敵国同士というほど。

そのインドで口のきけないパキスタンの6歳の少女が迷子になります。

パジュランというインドの青年と巡り合うのです。

この青年、その少女をパキスタンに送って行って、親を見つけてあげようとビザもないのに越境します。

敵国ですからビザは簡単に降りません。地下に潜って不法に・・・。

スパイと間違えられたり様々な辛苦を乗り越えて・・・少女は親と再会します。

しかしパジュランは警察で拷問されたり・・・。

インドに帰ることができたのですが、その過程が感動もの。

たまには映画でも見て、感動しましょうよ。

インドの映画もいいですね・・・再評価です。

昔はよく見てましたけど、ここのところ韓流ばかりで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました