ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

かつ丼

リタイヤ生活

我々世代の日本人なら、かつ丼がご馳走で・・・大好きでした。

先日浦和まで出かけたときに、首都圏のコロナ感染者数が怖くなって・・・昼ご飯はテイクアウト。

その時にかつやの看板が目に留まり、咄嗟にかつ丼を昼ごはんに選択。

そんなに待つこともなく、10分も待たないで・・・車で食べて、美味しかったです。

かつやは早いと分かったので、今日のお昼をかつやのテイクアウトかつ丼にしました。

スーパーの390円のカツ丼より、はるかにおいしかったです。

500円でこのおいしさは魅力です。

そもそも私は外食が大嫌い。

理由は出てくるまで待つのが嫌だから。

美味しいお店は当然順番待ちですが、そんな店には絶対行かない。

自慢です。

でも妻からは「あなたは美味しいお店に当たらない」と決めつけられています。

娘が帰ってきた時など・・・回転ずしも・・・でもそこではすぐに回ってく。

それでも嫌です。番号順に呼ばれる・・・なんて身の毛がよだちます。

娘がパックに詰めて持って帰ってきます。

それほど外食は嫌です。

かつ丼と言えば昭和の高級料理。

学生時代、実家からの仕送りは10.000円でした。

アパート6畳の部屋代が4.000円。光熱費やら雑費で1.000円ぐらいしたかもしれません。

学校への交通費やら、1か月の食費が4.000ぐらいだったでしょう。

のこった1.000円は・・・実際には残りませんけど・・・仕送りが届いた日の贅沢でした。

アパートの近くに「大満」という中華屋さんがあって、月に一遍だけかつ丼の出前を取ったのでした。

値段は覚えていませんけど150円とか?

今でも残っているかなあ「大満」。

55年も昔の話です。

そう考えると「かつ丼」ってすごい生命力です。

生き残ってますからね。

しかも今日見た現実には驚き・・・買いに行った11時にかつ丼を食べている人が沢山いました。

コロナ禍の午前中の11時にですよ。

思わず同士のような親近感が湧いてきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました