ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

バッテリーから硫化水素

くるま旅

朝9時前には家を出て隣の深谷市にある道の駅へ。

ここには農協の直売所もあって、一大レジャースポットの様相を呈しています。

到着早々、野菜苗売り場を覗くと期待した通りにトオモロコシトとパプリカの苗がありました。

ただ・・・パプリカは赤しかなくて・・・黄色も欲しかったのですが・・・2本購入。

ピーマンが沢山あるのでパプリカは2本で十分。

戻って午後からは買ってきた苗を植えて・・・ジャガイモの土寄せをして。

ジャガイモはすでに土からむき出て居るものもあって、肌が緑になっているのがありました。

他の場所からスコップで土を運んでジャガイモの株元にかけましたが、ちょっと遅かったようです。

緑色に変色した芋が多いかもしれません。

まあ、夫婦二人では食べきれないので、ちょうどいいかも。

ところで、2年ほど前に上信越道で作業中の方が、休憩中の車の中で亡くなりました。

警察調べでは化学物質による中毒と判明。

劣化したバッテリーから出た硫化水素が原因だと特定されました。

改造した業者が書類送検されましたが・・・二人が亡くなった事実は重いですね。

我が家は他人事と思えない部分があります。

愛車のキャビンのシートの下に、大型バッテリーが3個も入っています。

まだ新しいから大丈夫でしょうけど、定期的にチェックしないと怖いです。

コロナ禍で出かけることが無くて、あまり利用していませんが。

出かけるときは事前に慎重に調べるようにします。

硫化水素は匂いますから大概は気が付けるはずですが、花粉の時期や風邪をひいたときなどは鼻が利きませんからね。

車中泊をするような旅のスタイルの方、気をつけましょう。

写真は北海道旅行の際の十勝岳登山口【望岳台】での一コマ。

私の旅はこんなパターンですから、化学物質中毒は・・・ありえない話ではないのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました