ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

33回忌

リタイヤ生活

昨日、強い風で畑の土が舞いあがり、空が茶色に覆われるほどでした。まだまだ畑の多い田舎町ですから、北関東の空っ風でこの時期に空が茶色になるのは毎年の事なんです。

前にも少しふれたキャンピングカーの白いコーキング部分には、茶色に畑の土が溜まっています。早く洗いたいのですが、今洗っても無駄になるのが解っているのでもう少し耐えて我慢・・・。

そんな状態でしたから今日こそは風が止んでほしかったのですが、不安が現実になり・・・風の強い寒い日になってしまいました。

お墓は利根川の近くで川風が厳しく襲ってきます。妻の母は障害を抱えて車いすですから素早く行動する事は不可能で、寒い中を数十分風に晒されていました。

心配した通り家に戻ったら鼻水がグズグズの状態に・・・。熱が出なければ良いのですが。
でも・・・家族で塔婆を立てただけですが33回忌の祭事を済ます事ができて・・・一安心。

我が家と弟家族と妻の親友で故人は娘のように可愛がっていたTさん家族だけ。親戚も友達も一切声をかけないで、俗に言う【家族○○】というやり方です。

墓参りが終わった後、我が家にみんなが寄りこんで・・・お茶を飲み・・・お弁当を食べて4時間ほど話に花が咲きました。故人も『これで充分だ』と思ってくれたはずです。

夕べ会社の後輩から『娘が無事に女の子を出産した』とメールが入りました。ちょっと気づかずにいてメールを見たのは23時になっていたのですが、おめでたい事なので『許してくれるだろう』と考え返信しました。嬉しさのあまり一杯やって寝ている時間だったでしょう・・・きっと。

私は【少子化対策】に全く貢献はできませんが、若い世代にはまだまだ頑張ってもらわなくてはなりません。余計なお世話ですけど・・・3人は子供がいた方が良いと思っています。

人生、何も後悔する事はないほど幸せに生きてますが、あえて『何か一つ言え』と言われたら、子供を一人っ子にした事でしょうか。

少子化云々ではなく・・・人間はやっぱり兄弟が必要だと思うんです。私のどうしようもないぐうたらな兄ですが、子供時代も無論大人になっても何度か心強いと思った覚えがあります。

子供の頃は『憎たらしい』と何度も思ったものですが・・・兄弟ってそんな存在なのでしょう。人生の最後が近づいてきて・・・やっと理解できるのかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました