ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

呆れた対応

リタイヤ生活

ほとんどテレビを見ないし、新聞も読まない私たち夫婦。唯一の情報源が韓流ドラマと・・・たまにネットのニュース。

だから知らなかったのですか・・・久しぶりにテレビを見ていたら、蔦監督の奥様の人生を映してました。

蔦さんと言えば甲子園を沸かせた大監督。実に独特のポリシーを持って子供たちに対峙してました。

攻めダルマ・・・という異名の通りとにかく攻める様を小気味よく野球を見てました。およそ卑怯な手段は使わないだろうとは想像できますが、それでも子供たちの教育の一環という姿勢を貫いて基本も大切に指導してました。

私は・・・高校野球の虫・・・と自称するほど詳しいのですが、監督としてだけではなく人生をも尊敬する方でした。

甲子園で決勝で敗れた時に言った言葉が未だに頭から離れません。『子供たちのためには敗けて良かった』

高校球児も当然社会に出て行きます。その時に希望がかなわないことは当然あります。敗ける事で何かを学び取らせようとする・・・その子供たちへの愛の深さ。

人生で苦労を重ねた人だけが思いつく言葉だと、その時思ったのでした。

しかしそんな大監督のその陰に奥様の力は当然あったわけで・・・奥様も子供たち思いの素晴らしい方でした。今年亡くなられていたと今日知りました。合掌

夫婦で育てた子供たちの話でもしているのでしょうか。

テレビで知ったもう一つのニュースは・・・出動しなかった救急車の話。

実に変な話で・・・和解金は払うけどお詫びはしないそうです。

悪い事をしたと思わないからお詫びをしないのでしょう・・・なら何でお金を払うのか?

要するにマスコミもうるさいし、選挙の前には非難されるようなことは綺麗にしておこう・・・と言う魂胆なのでしょう。

市長はそれでいいのですが・・・困ったのは反省していない消防です。市長が勝手に和解金を払い、出動要請する方に思いを致す研修も約束しましたがっ・・・。

現場は間違ったと思ってないのにやる訳ないじゃないですか。山形市消防本部はまたやりますよ、大失敗を・・・。

人の命を軽んじてますよ・・・間違いなく。確かにタクシー代わりに呼ぶ人もいるそうですが・・・要請されて出動しないのでは、システムは意味が無い。

そして要請者が出動しないことに同意したか・・・しなかったかを・・・争点にしてますが、問題はそこではないでしょう。

緊急性のあるなしの判断と権限を有する方が、余計に責任を背負っていることを解っていない・・・。

片やお願いするしかない方が数十分もあれこれ確認され続けたら、体調も悪くなって電話を終わりたくなりますよね。

どんなに屁理屈を言っても尊い命が亡くなって事実がある訳で、返事をしたとか同意したとかそこを争点として以上、山形市はまたやりますよ。

一署員はそこまでの人間でなかった・・・と言えばそうかもしれませんが、市制を統括する市長さんもそのレベルとは何ともお粗末な市です。

山形市には住まんとこ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました