ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

こんな畑

家庭菜園

妻のストレッチの日。

送って行ってそのままホームセンターへ直行。

コロナも収束気味の今が買い物を自由にできるチャンス。

ダイアジノンという農薬と寒冷紗を支えるポールを、また10本買ってきました。

そして猫ふん被害の前にほうれん草を蒔いた畝に、寒冷紗をかけました。

今、畑の半分に何かが植わっています。

手前からカキ菜の畝、そして次が増えるネギと小松菜の畝、その次が今日寒冷紗をかけたほうれん草の畝。

次は見えていませんがマルチを敷いて玉ねぎ苗が50本とカブの種を蒔いています。

さらに奥に見える白い寒冷紗の畝にはサニーレタス苗と白菜苗、スナップエンドウの種を蒔いています。

妻は白菜をさらに増やしたいと思っています。

11月に蒔ける大根もありますから、残り半分には遠からず何かが植えられるか蒔かれます。

その残り半分はこんな感じ。

この半分部分を妻のストレッチの間に、ダイアジノンと石灰と肥料を蒔いて掘り起こし整地しました。

地中に住む害虫を、今日も何匹か発見し退治。

農薬は使いたくないのですが、とりあえず耕作放棄地だったので除草や虫退治の手入れをしなければなりません。

これで1年耕作してみると、農薬の必要性を判断できると思います。

それにしても11月1日に掘り起こしから始め、今日5日で畑の半分に何かしらの作物が育ち始めています。

手際の良さはプロのお百姓さん並ではないでしょうか!

その代わり座骨神経痛はピークです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました