ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

無事に届いたミカン

リタイヤ生活

オミクロン株が猛威を振るいそうな状況になってきました。

我々世代の3回目のワクチンは3月ごろになりそう。

何としても収束するまで、あるいは効果的な服用薬ができるまで、注意をし続けないと。

基本はとにかく人混みに出かけない事。

それが出来ずにどうしても出かけるときは、時間を考えて行動する。

人が動き始める前に行動することです。

今日は少し遠いモールに出かけて、正月用品や低糖質の食材などを買いましたが・・・。

大きいモールが閑散としていました。

レジも並ばずに済むほど。

そして支払いも自動の器械でするので、店員さんとの接触もなし。

買い物は平日の早朝に限りますね。

表題のミカンですが、今回、昨年のトラウマで不安がありました。

北海道の友が・・・これまでの住所に住んでおらず、ミカンが届きませんでした。

送料を払って再び埼玉まで送り返してもらったのですが、夫婦二人で10キロのミカンが二箱になってしまいました。

血糖の高い妻は食べてもほんの少し。

ほとんど私が食べましたから、顔が黄色くなるほどでした。

確かに友は「家を売りに出している」と言っていましたが、4年ほど売れずにそのまま住んでいました。

ところが突然、品物が届かなくなったのでした。

宅配便屋さんの話では「他の人が住んでいた」と。

ということは家が売れて引っ越したのだろうと想像していました。

後日、年賀状が届いて住所を知ったのですが。

そんなことがあって今年もトラブルが無ければいいなあと不安が。

昨日、姉と叔母からはお礼の電話が、そして福井の親友はラインで近況を知らせてくれながらお礼が。

妻の親友からも今日になって電話があり、これで全部の方に無事到着。

そして逆に釜石の叔母から、今日イクラが入った海鮮漬けが届きました。

父の兄弟姉妹で唯一残っている叔母で、私とは17歳違います。

私をおぶってお守りをしてくれた叔母は89歳で、来年で90歳。

でも病気もせず、加齢による体力や気力の衰えも全く感じません。

電話口での声は元気で、内容も確りしていて・・・いつまでも長生きしてもらいたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました