ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

白いたくあん

リタイヤ生活

寒いけどいい天気で、歩いては気持ちのいい日でした。

10時半ごろに家を出て最後は畑に回って、小松菜とレタスを収穫して戻ったら12時でした。

先日漬けた大根・・・まあ白いたくあんと言えるものですけど、味が良くなってきました。

というよりは慣れてきたのかもしれません。

ジム友に・・・イマイチ味が薄い・・・と話したら、液を掻き混ぜることと下から順に食べることをアドバイス。

私は食感も気に入っているし美味しいと思っているのですが・・・。

妻は・・・毎日食べていて飽きないの?・・・と言いますが、飽きません。

我が家には【軒下】というものがないので、その漬物が入った樽は雨ざらし。

取りあえずビニール袋をかけて、更に雨が溜まらないようにその上に段ボールを乗せてます。

先日、大量に貰ったネギも雨ざらしになるので、今日工夫して仮テントのようなものを作りました。

たくあんの樽とネギをその下に入れました。

大根も入れたいけど、スペース不足。

明日更に工夫してみます。

あまりにやっつけ仕事で、平田製作所の仕事としては恥ずかしいのですが・・・見た目が!

確りしたビニールかブルーシートを買ってきてやり直すつもりです。

が、とりあえず雨ざらしは回避できました。

最悪、昔に使っていた一人用のツェルトがあるので、それを立てて小屋代わりにしても良いのです。

ツェルト・・・って、支柱のないテントと思ってください。

支柱がないので自立はしませんが、天井からロープを木に縛ったりしてテントのようにするものです。

私はストックを支柱のように利用して建ててました。

漬物樽を中に入れたら、たくあんの臭いが浸み込むでしょうから二度と山では使えませんけど。

あのテント、なんかたくあんの臭いしない?  なんて山で隣のテントからクレームが来そうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました