ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

二人に戻る

リタイヤ生活

術後の静養で帰省していた娘。

定期的な術後の診察・検診を受診するために、仙台に戻っていきました。

わざわざ勤務先の院長先生が迎えに来てくれました。

娘が帰ってきていると・・・年寄り二人だけの時とは違った生活のペースで、タイミングがおかしい時も確かにあります。

ただ、そこはやっぱり親子ですから、いなくなられるとやはり寂しい。

何か!  どこか!  欠けたような!  少し違った感じに戸惑います。

息子はさんざん甘やかされましたから・・・余計に虚脱感が湧くかもしれません。

ワンワン騒ぐと庭を散歩させてくれたり・・・ですが私たち夫婦は甘やかさずにビシッと対応しますから、「あれー! 様子が違うなあ」と感じているはず。

1時過ぎに出て行って、6時ごろに「仙台に着いた」と連絡がありました。

受診が終わった後に、また体調がすぐれなかったら戻ってくるように言いました。

一人で生活していると、身体的にも精神的にも「良くない」ですから。

取りあえず・・・年寄り二人と老犬一匹の生活が始まりました。

一日に一度は喧嘩もするでしょうし、最悪は息子を通しての会話しかなくなりますけど。

「ココちゃん、パパにお茶飲むか聞いて? 」なんてね。

「ココちゃん、ママにいらないって言って!」

息子にしてみれば「自分で言え」って話し。

そんな凸凹生活ですが・・・二人とも元気なのが救いです。

明日からはウオーキングの再開と畑仕事。

いつものリタイヤ生活に戻ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました