ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

間違いの多い銀行

リタイヤ生活

月曜日に県債【彩の国債】をほんの少しだけ購入しました。とりあえず使う当てのない雀の涙ほどの資金を、将来に備えて運用に廻したのです。とは言っても利息は0.4㌫ですからとても運用というレベルではありません。せいぜい貸し金庫代わりに預けていると考えるべきでしょう。

債権なんて初めてでしたから窓口で【あの書類】【この書類】とイライラするほど手続きに時間がかかり、気短な私が不機嫌にならないのが不思議なほど待たされました。

若い女子行員で初めて担当したような感じ・・・商品知識もそれほどとは思えず危なっかしい感じでした。そのうちに妻の左胸の骨折(?)箇所が痛み始めたので、訳を話して家に書類を届けてもらう事にして戻りました。

夕方、韓流を見ていると例の彼女がやってきました。そして『書類が間違っていたので書き直し』を頼まれたのです。3通ほど・・・。

火曜日に再び妻に『書き直して』と、電話があったそうです。私はタイヤ交換で留守でしたから妻は明日にしてくれと断わりました。そして昨日再び電話があったのですが、紅葉狩りに出かける予定でしたのでお断りしました。

そして今日、用事のついでに銀行に寄ると支店長までが出てきて『ご迷惑をかけた』とお詫びをされました。慣れない若い行員がやったことですから・・・と私は気にしていない旨を話したのですが、菓子折りまで頂いてしまいました。

確かに若い若くないに拘らずプロとしては失格ですが、これから勉強していけば十分に取り返せるほどの失敗です。これからプロに育っていけば良いんです。この間の責任は当然上司が負担してあげれば済む事です。私はそういう腹積もりで部下に経験をさせていました。

具合の悪い妻を長く待たされたり・・・何度も書類を書き直させられたり・・・。ともすれば怒りたくもなりますが、彼女が一生懸命努力しているのが目に見えるととても怒る事なんて出来ません。

緊張に汗をしながらも知らない事を誤魔化そうとせず、謙虚に誠意を持って懸命に頑張っていたんです。ですから怒りませんでした。
これからもお客様の立場に立ってアドバイスできる行員に育ってもらいたいと・・・余計なお世話ですけど念じてしまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました