ホームページ・ブログをリニューアル移行中です。(一部工事中)

梵の湯

リタイヤ生活

朝、起きてみると妻の体調は・・・バッチリ。今日のところはインフルエンザの症状はありません。頭痛もすっかり改善です。

今日もおとなしい暖かい日です。『歩きに行こうか?』と言うと、『お風呂に行きたい』と。今年は寒さも例年になく厳しく、ましてや夏に玉川湯治を欠かしましたので身体の冷えが例年より辛いのです。

早速、ネットで日帰り温泉の施設を検索してみました。2・3年前は月に1・2回は温まりに出かけていたのですが、最近はとんとご無沙汰です。いい機会ですからいつもの施設ではなく、新しいのを探す事にしました。

今までだと皆野の【満願の湯】か渋川の【敷島温泉】でした。施設が良いと泉質が悪く、泉質が良いと施設が悪い・・・。近くの施設はみんなこんな感じですから、今までに入ったことが無い所を検索。

結局、パッとしたところが無く、新たに開拓する意味で【梵の湯】に。料金は一日券で1.000円。休憩室は休日なのに空いていました。

肝心のお風呂は【関東一の重曹泉】と言うだけあってヌルヌル。しかしどう見ても【濾過装置】が確り機能しているとは思えない感じでした。

循環も一定時間しかやっていないようで、2回目に入浴した2時頃は止まっていました。経費削減でしょうか。これをやりだすと益々悪循環で、お客さんが離れてしまうのでは?

ネットで見るとサウナがあったのですが、入ってみると足湯に変わっていました。そして何より2回目に入浴した時には、何か生臭く感じました。キャパ以上のお客が入浴すると良く起きる状態です。

妻は『1.000円の価値は無い、2回目も無い』と少しご立腹。私の事前調査が甘かった・・・次こそ良い施設に当たるように確り調査します。今年は日帰り入浴が増えそうですから。

何時もと同じように・・・夜になってパソコンに向かっていますが、さすがに今日は身体も爪先も何時もよりポカポカ。効果は確り出ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました